薬剤を撒く際は

薬剤の撒きすぎには注意

各工場の管理者たちは、自分の管理する工場内に虫がいた場合、とにかく薬剤を撒いて、虫を全滅させる、という方法をとっており人が多くいます。もちろん、工場内に虫が居つかないように、さらには、工場内で増殖を繰り返すことがないように考えた場合には、適切な方法といえます。しかし、一方では、薬に頼った防虫管理では、いつまでたっても解決にはならない場合があります。侵入ルートがある限り、工場内への侵入は変わらず、さらには、薬剤に耐性が出来上がって、薬剤が利かなくなってくる可能性があるのです。そのため、害虫駆除業者も変化を見せており、最近は、害虫駆除の方針として、薬剤を撒くことをするものの、再発を防ぐという方向にシフトしてきています。

予防こそが最大の防止

虫の侵入を防ぐためには、どこから侵入してくるのかを調べる必要があります。このときに、便利なグッズが、捕虫器です。侵入が疑われる箇所を中心に、複数の捕虫器を設置して、その虫の捕獲状況を確認するのです。これにより、侵入口に近い捕虫器には、多くの虫が捕獲され、侵入口の特定につながっていくわけです。害虫駆除業者は、こういったときに、現場でどこに捕虫器を設置すれば、効率よく捕虫できるか、などの知識に長けています。これは、それぞれの虫の特性を知っているからこそ可能になっていることいえ、隙間の大きさ、床からの高さ、方向性など、さまざまな面から検討していくのです。害虫駆除業者は、その特定後も適切な防止策を提案してくれるので、気軽に相談してみることです。